AuBについて

すべての人を、ベストコンディションに。

理想的な腸内環境を追求するため、体調管理のエキスパートであるアスリートたちを研究し開発した「アスリート・ビオ・ミックス®️」により、ヘルシーで活発な明るい毎日を過ごしたいあなたの心身のコンディションをサポートします。

理想的な腸内環境を追求するため、体調管理のエキスパートであるアスリートたちを研究し開発した「アスリート・ビオ・ミックス®️」により、ヘルシーで活発な明るい毎日を過ごしたいあなたの心身のコンディションをサポートします。

AuBが目指すのは人や社会をコンディショニングすることによって、毎日の質を向上させること

毎日をより健やかに生活するためには体調管理の土台を整えることが大切です。AuBは、腸ケアが体調管理にとって最も重要な土台であるという研究データに着目し、「体調管理のプロであるアスリートの腸内環境が理想的な腸内環境ではないか」と考え研究を始めました。

毎日をより健やかに生活するためには体調管理の土台を整えることが大切です。AuBは、腸ケアが体調管理にとって最も重要な土台であるという研究データに着目し、「体調管理のプロであるアスリートの腸内環境が理想的な腸内環境ではないか」と考え研究を始めました。

理想的な腸内環境を持つアスリートは、たくさんの種類の菌を保有している

創業当初から自社内に研究チームを構え、腸内細菌の研究をおこなってきました。その結果、アスリートの腸内環境の特徴を発見。菌の多様性が高い*こと、酪酸菌を一般の方よりも2倍以上保有していることを見つけ出しました。現在も国内・外でのアスリートのデータを用いた腸内細菌研究ではパイオニア的存在として、学会等で研究成果を発表、大学や大手企業との共同研究実績も積んでいます。
※一般的に、多様性の高いことが健康の指標の一つと考えられています

創業当初から自社内に研究チームを構え、腸内細菌の研究をおこなってきました。その結果、アスリートの腸内環境の特徴を発見。菌の多様性が高い*こと、酪酸菌を一般の方よりも2倍以上保有していることを見つけ出しました。現在も国内・外でのアスリートのデータを用いた腸内細菌研究ではパイオニア的存在として、学会等で研究成果を発表、大学や大手企業との共同研究実績も積んでいます。
※一般的に、多様性の高いことが健康の指標の一つと考えられています

科学的根拠に基づいた独自のメソッドで、あなたの腸内環境をサポートします

正しい腸ケアとは、「菌を摂る・育てる・守る」の3つの行動をバランスよく実行することです。継続することで、小さな違和感が解消されていく感覚をAuBは寄り添いサポートします。

正しい腸ケアとは、「菌を摂る・育てる・守る」の3つの行動をバランスよく実行することです。継続することで、小さな違和感が解消されていく感覚をAuBは寄り添いサポートします。

メッセージ

AuB株式会社代表取締役 鈴木啓太

AuB株式会社代表取締役 鈴木啓太

プロサッカー選手だった私が、腸内細菌を研究する会社を立ち上げたきっかけは、あるサポーターの声でした。スタジアム観戦から足が遠のいた旧知のサポーターより「Jリーグができて二十年、当時四十歳の自分も今や六十歳。体にガタがくるし、なかなか行きづらくなる」と。いくら好きなことであっても、体の調子が良くなければ、それを続けることはできないんだ。当然とはいえ、「面白いサッカーをすれば足を運んでくれるはず」と思っていた当時の自分には印象的な言葉でした。同時に「私が体調管理のために行ってきた“腸をケアする方法”」は、みんなの健康も支えられるのではないだろうか、そんなアイディアが浮かんだ瞬間でした。私が幼少の頃、母は体が華奢だった私のために、品数の多い食事を準備してくれたり菌の入ったサプリメントの摂取なども勧めてくれました。母に「人間は腸が一番大事」と言われ続けた私が“腸ケア”の重要性を改めて強く認識したのが、アテネオリンピック予選での経験です。多くの選手が腹痛で体調を壊していく中、私は腹痛を起こすことなく試合を迎えることができました。「日頃から腸をケアしていたおかげかもしれない」これらの経験が私の中で結びつき、“腸”を中心に多くの人の健康を支える世界を作ろうと決意をしました。 「すべての人を、ベストコンディションに。」 その実現に向け、歩みを進めていきます。

プロサッカー選手だった私が、腸内細菌を研究する会社を立ち上げたきっかけは、あるサポーターの声でした。スタジアム観戦から足が遠のいた旧知のサポーターより「Jリーグができて二十年、当時四十歳の自分も今や六十歳。体にガタがくるし、なかなか行きづらくなる」と。いくら好きなことであっても、体の調子が良くなければ、それを続けることはできないんだ。当然とはいえ、「面白いサッカーをすれば足を運んでくれるはず」と思っていた当時の自分には印象的な言葉でした。同時に「私が体調管理のために行ってきた“腸をケアする方法”」は、みんなの健康も支えられるのではないだろうか、そんなアイディアが浮かんだ瞬間でした。私が幼少の頃、母は体が華奢だった私のために、品数の多い食事を準備してくれたり菌の入ったサプリメントの摂取なども勧めてくれました。母に「人間は腸が一番大事」と言われ続けた私が“腸ケア”の重要性を改めて強く認識したのが、アテネオリンピック予選での経験です。多くの選手が腹痛で体調を壊していく中、私は腹痛を起こすことなく試合を迎えることができました。「日頃から腸をケアしていたおかげかもしれない」これらの経験が私の中で結びつき、“腸”を中心に多くの人の健康を支える世界を作ろうと決意をしました。 「すべての人を、ベストコンディションに。」 その実現に向け、歩みを進めていきます。